若ハゲの悩み

昨今、若ハゲは1つの社会問題になりつつあります。その患者は予備軍を含めても全国で1260万人もいるといわれており、約3人に1人は悩まされている計算になります。
若ハゲの原因はやはり遺伝や男性ホルモンの影響と言われており、それらの原因が毛根の生え変わるサイクルを乱し、毛が太く長く伸びきる前に抜け落ちてしまう結果薄毛が目立ってしまいます。
また乱れた食生活や生活習慣、ストレス、飲酒・喫煙も頭皮に栄養がいかなくなる原因の1つですのでなるべく注意する必要があります。
若ハゲは薬やサプリメントで治療が可能です。
摂取することで抜け毛を抑えながら発毛を促し、続ければ続けるほど高い効果が期待できると言います。
薬だとプロペシアやミノキシジルなどが一般的な治療薬として言われており、病院での処方以外にも個人で購入することも可能です。
サプリメントは専門に開発されたBOSTON、抜け毛を防ぐ効果があるノコギリヤシ、髪の毛の成長を助けるL-リジンが効果があると言われています。