薬

AGAに対する危機感が、年々増加の傾向にある模様です。男性型脱毛症と訳されるこの症状は、性別を問わないだけでなく、比較的若い世代にもかかるおそれがあります。原因には、男性ホルモンの一種が酵素によって変容し、髪の毛の成長を抑制するものと考えられています。

また、AGAの原因にはヘアサイクルの乱れも指摘されており、平たく言えば生えたての毛が成長を迎えないまま抜け落ちる現象となります。
現在では、男性型脱毛症に対する治療薬が開発されており、早期治療に役立てられております。

プロペシアと呼ばれる製薬は、男性ホルモンを変質される酵素に働きかけて、症状の根本を治す薬として医療機関にて販売を行っています。プロペシアの主成分によって、酵素の働きを阻害すると同時に、毛が無事に成長期を迎えてヘアサイクルが正常に機能する原理となります。AGAの症状は、おもに頭頂部や生え際に見られることが多いため、医師の問診に応じて数十分で処方されるものとなります。