女性

薄毛や抜け毛に悩みを持つ女性が増えてきています。その中の一つに分娩後脱毛症があります。分娩後脱毛症は、その名の通り出産後に多く見られるものです。この原因としては、女性ホルモンの影響によるものが多く、年齢に関係なく薄毛となってしまいます。

分娩後脱毛症の症状としては出産後3〜5ヶ月程度続くのが一般的であり、毛髪が一気に抜け落ちるというのが特徴です。このタイプの薄毛の治療法としては、塗り薬や育毛剤は最後の手段として、むやみに使用することは避けたほうが良いとされています。

個人差はありますが、時間の経過とともに自然治癒するのが一般的であるからです。ただし、場合によっては、育児のストレスにより、分娩後脱毛症ではない脱毛症が発症してしまう可能性もあります。
出産後1年以上経過してもなかなか脱毛が改善されないという場合や、全体的ではなく局所的に脱毛しているという場合には、専門医に相談することが重要になります。