ブラシ

ブラッシングはヘアケアの基本ですが、AGA治療では優しく行うことが大切です。頭皮に刺激を与えるのがよい、という思い込みで乱暴に行ってしまうと頭皮を傷つけ、逆効果になることが考えられるからです。 ブラッシングをすることで、髪のもつれをほどき、ホコリや汚れを落とすことができます。
シャンプー前に行うことで、汚れを落としやすくできますし、事前にもつれをほどいておきますので髪の傷みも防ぐことができます。

AGA治療に役立てたいなら、正しく、優しく行いましょう。タイミングとしては、髪が乾いているときに行いましょう。濡れているときにはキューティクルを傷つけますので、乾いているときのほうが安心です。

入浴前、シャンプー前に行っておくほうが、髪に負担を与える心配がありません。ブラシの素材も大切です。静電気が起きにくく、頭皮を傷つける心配のない素材や形状のものを選ぶとよいです。 適切なブラシを選び、ブラシそのものも清潔に保ち、正しくブラッシングをすることでAGA治療に役立てることができます。